ブラックソーシャル

ブラックソーシャル

情報操作

ソーシャルメディアで多いのが情報操作ですが、若い人やネットに不慣れな人はこうした嘘の情報に踊らされる事もあります。
中でもレビュー、口コミなどの評価や収益に繋がるようなものには特に多く、サクラを雇う業者や組織ぐるみで書き込みを行う者たちもいるようです。
また、コミュニティサイトやソーシャルメディアなどでは、昔から外部の人間を使ってユーザー数の牽引役にする企業が多数存在しています。
こうした情報操作は運営がしっかりと管理するしかありませんが、ネットではその運営自体が信用できない事も多々あります。
中国の「いいね」量産工場を摘発
ついにInstagramの「いいね!」が買える自動販売機が出現
トランプ大統領のTwitterアカウントのフォロワーの約半数は偽アカウント
多数のスマホが並ぶ「クリック農場」
ニュースサイトやTwitterを利用した情報操作は実在するという研究結果
ロシアで「ネット工作」を行う企業
ゲームの評価を上げるために密かにワーナーがYouTuberに金を払って好評価のゲームプレイレビューをしてもらっていたことが発覚
中国政府は年間5億件の「ニセのSNS投稿」をしている
楽天市場、「レビュー投稿で値引き」禁止
YouTubeの視聴回数を水増しする業者の手口とは
「11万件のサクラ投稿で妨害された」楽天が業者を提訴 虚偽口コミの法的問題は?
SNS上の影響力を「水増し」する方法
探偵ファイルの社員がニュース速報や嫌儲に自分の書いた記事をソースにスレを立てまくる
ネット「世論操作」 請け負う会社の正体

ステルスマーケティング

ステルスマーケティングは宣伝と言うのを隠して宣伝を行う行為です。
最近は大手サイトでもステマ記事が発覚しており、問題になっているようです。
ステルスマーケティングとは
日弁連が「ステマ」の法規制を求める意見書「日本の法整備は遅れている」
株式会社ソシオコーポレーション、当社メディアにおける不正な広告記事についてのお詫び
ハフィントンポスト日本版、“ステマ記事”排除へ調査部門設立 過去記事6本を削除

言論封殺

言論封殺は権力や暴力によって不都合な言論や情報を封じようとする行為です。
こうした攻撃は特にメディアに対して行われる場合が多く、最近起こったものではホーガン裁判がこれに該当すると言われています。
言論封殺とは
言論封殺魔とは
ホーガン裁判

オンラインPC館
トップページ情報ブラック情報 → ブラックソーシャル