ソーシャル攻撃の証明の困難さに関する情報です。

攻撃証明の困難さ

第三者理解の困難さ

こうした攻撃が行われる場合は、ターゲットのみが対象なので近親者など身近にいる人間はまったく気付きません。
詳細に説明しても病気扱いされるだけなので、多くの場合は近親者の協力は望めません。
また、こうした問題は警察機関などに相談する際も同様で、証拠がなければまともに相手にされません。
このようにソーシャル攻撃には様々な弊害があるため、思った以上に解決が困難なものの一つとなっています。

事実確認の困難さ

現在の日本の社会システムには効果的な監視システムはありません。
これにはプライバシーの問題などもありますが、何よりも技術や法律が追いついていないようです。
このため社会的に脆弱な部分が多く、こうしたソーシャル攻撃を受けると対処が困難となります。
最悪の場合は社会から合法的に抹殺される可能性もあり、非常に大きな問題を含んでいます。
できるだけ早急に国がこうした問題への対策手段を確立する事が問題解決に繋がる近道だと思われます。

被害証明の困難さ

ソーシャル攻撃が始まると様々な被害を被ると思いますが、その多くは証明が困難となります。
また、ターゲットにされた本人が気付かないほどの見えない部分も含めれば、かなりの数の嫌がらせが行われていると予想されます。
警察に相談しても大抵は証拠不足などで、まともに取り合ってもらえないと思います。
このため、こうした嫌がらせ行為が長期間続く人が圧倒的に多く、被害が大きくなってはじめて警察が動くと言う感じです。
また、警察が対応できるほどの内容であっても、解決までには長い時間と労力が必要になると思われます。

攻撃理解の困難さ

ソーシャル攻撃の被害者はかなりの数にのぼるようですが、なぜかニュースもほとんどなく警察やマスメディアの認知度も低いようです。
これは恐らくこうした見えない部分の攻撃は証明が困難なため、実害が出るまで認知されないからだと思われます。
つまり事件や実際に起こっている事象として捉えるには力不足で、信頼性に欠けると言う事です。
逆にストーカー事件のようにはっきりとした被害が出れば事件になるため、その存在が浮き彫りになるようです。
しかし、事件になる可能性があるのに、何もできない事は被害の拡大を指をくわえて待つのと変わりません。

真実と虚構

この手の攻撃は悪意性や関連性でしか判断できませんが、それは本人にしかわからない事です。
ただし、第三者が被害者をしっかりと観察すれば、真実を知る事はできると思います。
特に物的証拠がなくとも、本人の様子の変化や何から狙われているのか、そしてその存在を確かめる事ができれば見えてくるのではないかと思います。
逆に本人が勝手に思い込んでいて何も危機的な事象が起こっていないなら、病気の可能性もあります。
しかし、もし本人の言ってる言葉が真実だとわかったら、数を力にして対抗する事も可能かもしれません。
ただし、こうした観察ができるのは、恐らく家族や親友などのよき理解者が身近にいる場合に限られます。

オンラインPC館
TOPページ情報ブラック情報 → 攻撃証明の困難さ