ソーシャル攻撃と病気の関係に関する情報です。

攻撃と病気の関係

攻撃と病気の関係

ネットで調べるとよく目にするのが、精神的な病気の人が勝手に妄想していると言う話です。
こうしたケースの場合は元々病気の人がそれと気付かずに被害妄想を起こしている場合と、実際に何らかの攻撃を受けている場合があります。
病気の場合は脳が様々な現象を引き起こすため、被害妄想や疑心暗鬼などになるケースがあります。
攻撃の場合は誰かが影で特定の人間を攻撃する事で本人だけは感じ取れますが、これが解決できない場合は徐々に衰弱する事になります。
これによって精神的な病気になる可能性もありますが、証拠がないために第三者からは単なる病人として認知されてしまうと言うものです。

情報混乱による疑心暗鬼

様々な精神的嫌がらせを受けると被害者は情報が混乱し、疑心暗鬼に陥るケースが多いようです。
こうなると誰が敵なのかがわからなくなり、本来は無関係な人であっても被害妄想から敵対者であると認識してしまいます。
こうした場合にはできるだけ冷静になり、実際の敵を見分ける事が重要です。

被害妄想による過敏な反応

第三者からの攻撃ではなく、精神的な病気や被害妄想によって実際には起こっていないものに過敏に反応しているケースもあります。
この場合は攻撃を受けているわけではなく、本人の思い過ごしですが、このあたりの見分けは難しいようです。
一般的にはこうした勘違いではない事を証明するためにも、証拠の確保が不可欠となっています。

過度の捉え方や思い込み

過度の捉え方や思い込みによって被害だと認識しているだけで、実際は単なる勘違いと言うケースもあります。
動画サイトでは数多くのソーシャル被害者の動画を見る事ができますが、その全てが本当に被害者と言えるかは疑問です。
逆に頭がおかしいと見える人でも実はそうではないケースもあり、有名な事件ではソーシャル攻撃の被害から事件に発展した事例もあります。

仄めかしと勘違い

仄めかしを気にし始めると、偶然の出来事でも攻撃されていると勘違いしてしまう事もあります。
何度も同じキーワードを出していれば仄めかしの可能性が高く、本人はやがて何らかの攻撃を受けていると認識するようになります。
しかし、偶然の出来事であれば何度も同じキーワードが出る事はなく、勘違いの可能性が高いと言う事になります。

オンラインPC館
TOPページ情報ブラック情報 → 攻撃と病気の関係